1.平成23年度の事故防止基本方針

「安全確保に全力を尽くす」

(1)社長を始め全社員は、安全に対する正しく的確なビジョンを持つ。

(2)多くの知恵と経験を持つ、多くの社員の安全に対するアイデアを有効にする。

(3)具体的な目標を数値で掲げ、達成するまで留まらなく安全確保に向って前進する。



2.安全方針に基づく目標

(1)重大事故・休業災害ゼロ

(2)不休災害5件以下

(3)有責物損事故5件以内



3.目標達成のための計画

(1)小集団活動の活性化=班活動の充実

(2)運行管理体制の強化

(3)社内自主パトロールによる危険箇所明示と周知

(4)KYTの定期実施による危険感受性の増進対策

(5)運転適性診断結果の効果的指導による交通事故防止対策



4.安全に関する情報交換

(1)安全衛生委員会によるヒヤリハット事例の公開と検討

(2)事故事例研究会の定期的開催

(3)車種班による安全会議の定期開催




平成22年度の安全対策と結果について

    








目標結果
重大事故・災害ゼロ2件重大事故1件、休業災害1件
有責物損事故5件以内6件交差点での自転車乗りと接触1件含む
軽微な自損事故 10件以内9件
バックに起因する事故 10件以内6件
荷物事故 5件以内8件
健康診断の完全実施検診日以降1ヵ月以内に全員受診完了した




4.重大事故発生状況

平成22年度は、自動車事故報告規則に定める重大事故は1件発生しました。